有名人の話題 (5) - 世間あれこれ雑記

ローラの美しさと人気の秘密 アブナイ夜会で紹介

今なお衰えを知らないローラ人気、その謎を徹底解明するべくローラに完全密着。
普段見せないローラの姿が見えてきました。
TBSテレビ「櫻井有吉アブナイ夜会」11月6日で放送されました。

ローラの美しさと人気の秘密


現在、ローラのCMが21社です。当の本人は「さっき知った、何かうれしい、ウフフ。」と。
有吉さんが「大金持ちだ」というと。「ちょっとだけね」と。
ローラといえば、2013年のベストジーニストの会見では、受賞した隣の渡辺謙さんに
「スゴく似合っているよ」の一言。会ったのはこの日が初めてだったそうで。
タメ口の天真爛漫キャラでいまでも大人気です。
2013年の番組出演本数は196本。
メイクとファッションを参考にしている芸能人ランキング第1位。
ファッションモデルとして27誌のモデルとして超売れっ子。ローラが表紙を飾ると通常の1.5倍の売上が上がることも。なぜこんなに人気があるのか?
ローラの1日に密着。
まず登場したローラの私服が実にオシャレ。「LAで買ったばかりだから早く履きたいなと思って今日履いてきた」と。
この日の仕事はファッション雑誌の撮影でした。
モデルローラの撮影現場にカメラが入ったのは初めてだといいます。
このあと、バラエティのローラじゃ見せないモデルローラの顔をみせることに。
この日は、ファッション雑誌Ginaの撮影。
ローラ自ら洋服を選び秋のコーディネートをプロディースする。
いよいよ撮影開始。ここまでは普段通りだが、撮影が始まると表情が変化。
撮ったばかりの写真をチェックし、椅子バーションの撮影スタイルを提案。
さらに帽子も提案し自分のアイデアを貫く。
Ginaの編集長によると、撮影スピードが早いといいます。
ポーズを決めるのが上手く、1着の撮影時間は通常約8分だがローラの場合は4分程。
ローラによると「たぶんモデルの中で1番早いかも、アハハ!」と。
さらに通常のモデルは1着の撮影時間は約500枚だが、ローラの場合は約100枚。
ローラによると「服が大好きだから服を着た時にイメージが頭の中でできていて、ポージングも自然に出てくる。何よりも大事なのが緊張感をなくすこと。」と、普段のローラらしからぬコメントが。
有吉さんからは「すげぇ〜ちゃんとしゃべる」の一言。
撮影したカメラマンにローラの印象を聞くと「スーパーモデルですかね」と。
本業では高い評価を得ているローラでした。
実はローラさん、普段から努力をしていました。
普段はエレベーターを使わず、階段で移動しているんだと。
そして今夜は、ボクシングのジムでエクササイズ。
ローラのスーパーボディは、こうやって作られているようです。
<今回のトレーニングメニュー>
縄跳び2分 縄跳びは苦手のようでした
シャドーボクシング1分半 
ミット打ち 2分1ラウンド×3回 
筋トレ
トレーニングはトータル45分間でした。
その後は、今夜の夜会。お相手は友近さんでした。
実は友近さんとは4年前の共演をキッカケに意気投合し定期的に食事をするお友達なんだとか。
二人にはお約束があるといいます。
まずはお互いのファッションチェックを行う。
そしてお酒を飲んで夜会スタート。今回のお店のオススメはヒマラヤ鍋¥4800
複数のスパイスで煮込む丸鶏はデトックス効果抜群だとか。
次のお約束はモノマネ。友近さんの「徹子の部屋」で盛り上がる。
実はローラさん、徹子の部屋に出演した時に敬語で喋るよう努力したことでネットで話題になったことも。
「おばあちゃん、おじいちゃんがいっぱいみているかなっとおもって、ちゃんと敬語でしゃべらなくちゃと思って」敬語で喋るよう努力したといいます。
友近さんよりローラは意外と考えているところもあると。
夜11時、友近さんとの夜会終了。
「バイバーイ。いい夢を」で終了でした。
有吉さんからは「モデルの時のローラは、ちゃんと話していて」ちょっとショックだったと。
モデルのローラは、いつもテレビでみている雰囲気とはちょっと違うかもしれません。

ハイヒールの世界 外反母趾を防ぐ歩き方 マダム由美子 マツコの知らない世界で紹介

最近は小学生までがハイヒールを履く時代で10代女子の40%がハイヒールを
5足以上持っているといいます。
そんなハイヒールをこよなく愛しハイヒールなしでは生きていけないという
ハイヒール研究家 マダム由美子さんがTBSテレビ「マツコの知らない世界」に
出演され、ハイヒールの世界が紹介されました。

ハイヒール研究家 マダム由美子さん


マダム由美子47歳。日本で初めてハイヒールの本「ハイヒールマジック」講談社を出版
ハイヒールが好きで外に限らず、家の中でもハイヒールを履いているとのこと。
さらにハイヒールで山登りもするそうです。

ハイヒールの歴史


1500年代 世界初のハイヒール チョピン イタリアの貴婦人が仮面舞踏会でスタイルをよく見せるために使用。
1600年代 ルイヒール ルイ14世がハイヒールを流行させた
       元々は男性が履いて女性のファッションに広がったという。
1954年 オードリーヘプバーンが愛用し大ヒットした最も美しいフレンチヒール
1958年 美智子さまフィーバーでハイヒールフィーバー
1955年 マリリン・モンローの愛用したピンヒール
2010年 レディー・ガガが愛用するヒールレスヒール

外反母趾を防ぐ歩き方


マダム由美子さんより外反母趾を防ぐ歩き方のポイントが紹介されました。
ポイント1:つま先を開きガニ股にする。よく内股の人を見かけるがNG。
ポイント2:足の内側のラインを見せるように
ポイント3:股関節を開いてヒップを絞めながら歩く
ポイント4:重心は後ろのヒールではなくつま先に
ポイント5:しっかりと前を向きながら歩く

マダム由美子さんによれば、正しく歩けば予防だけでなくパリの街ともマッチするといいます。
足が交差するように少し線上を歩くような感じにするといいみたいです。
この歩き方で外反母趾がどうして防ぐことができるのかという説明がなかったので
特にどこを気をつけていいのかわからなかったですね。

甘い野菜 トマトベリー トウモロコシ恵味ゴールド 哲人秀さんのニンジン 月曜から夜ふかしで紹介

日本テレビ「月曜から夜ふかし」で、マツコさんにとれたてを食べさせてあげたい企画で
甘い野菜が取り上げられました。
世の中はスイーツな野菜ブーム、その中でもとびきり甘い野菜3つが紹介されました。

トマトベリー


トマトベリーは、トキタ種苗が開発したトマト。
トマトの酸味が多いゼリーの部分を少なくなるよう品種改良したもの。
イチゴみたいな形からこのような名前が付けられたという。
通常のミニトマトは糖度6〜7度だが糖度は10度以上でスイカ並みに甘いという。
高いのは13度を越えるという。
青果品評会フルーツロジスティカでアジア過去最高の世界3位になったという。
マツコさんが食べたところ、ちゃんと酸味もあって美味しいということでした。
http://www.tomatoberry.jp/index.html

恵味ゴールド


恵味ゴールドは、日本一甘いと評判のトウモロコシ。育てているのは押谷農園(北海道夕張郡)
特徴は、真珠のような輝き。糖度は17〜18度。押谷農園ではさらにその上のをゆく
21〜22度だという。
生で食べるとまるで果物を食べているような感覚だという。
マツコさんが食べたところすごい甘いと。
ただ用意したのはすべて生だったのでマツコさん茹でたものを食べたかったと。
後から茹でたものが出てきてとっても美味しいということでした。
ただ茹で方があと1分足りなかったと。
http://4cocoro.com/products/detail.php?product_id=59

哲人秀さんの甘いニンジン


哲人秀さんのニンジンは、日本一甘いと評判のニンジン。
北海道の伊藤秀幸さんが作るニンジン。通常のニンジンの糖度は7〜8度と言われるが
最高で14度の時もあったという。
実は、このニンジン、ごく一般的な品種のニンジン。甘さの秘密の大地の波動だという。
肥料・農薬は一切なし。品種改良なしで甘いちょっと不思議なニンジンのようです。
http://fukinoto.com/original/o0205.html