有名人美容健康法 - 世間あれこれ雑記

十朱幸代さんの美容法 美肌の秘訣は朝食に米ぬか NHKあさイチで紹介

NHKテレビ「あさイチ」10月16日のプレミアムトークのゲストは女優十朱幸代さんでした。十朱さんの美の秘訣について紹介します。

十朱幸代さん 朝食に米ぬか


既に70歳を過ぎている十朱さんですが、いつまでも変わらぬ容姿でいらっしゃます。十朱さん、美容には興味はあるそうですが、これまで大病知らずで、美と言わず健康には気を使っており、自信があるといいます。その十朱さんの美の秘訣は、どうやら朝食にあったようです。

■十朱さんのある日の朝食メニュー
t65469541.jpg
フルーツの盛り合わせ
ヨーグルト+ハチミツ+炒った米ぬか
ミックスナッツ
黒砂糖で味付けしたショウガ

ヨーグルトにハチミツと炒った米ぬかをかけて混ぜて食べるそうです。炒った米ぬかがポイントです。十朱さん自身が米ぬかを炒るそうで、焦げやすいので弱火で20分間程炒ると良い色に変わって出来上がるそうです。ぬか臭さも無くなり、きなこを香ばしくした感じなんだそうです。ポイントはしっかり炒ることと焦がさないこと。なぜ、炒った米ぬかを食べるようになったかというと、十朱さんの友人からある60〜70代の方の肌がとてもキレイでその方は米ぬかを食べているいう話を聞いて、真似をして始めずっと続けているそうです。

黒砂糖で味付けしたショウガは、これも十朱さん自身がショウガを黒砂糖を入れて煮込んだもので、体を温めるということで毎日欠かさず食べるそうです。ストレートの紅茶に合うそうです。

フルーツの盛り合わせは、写真から見ると8〜9種類のフルーツでしょうか。
マスカット・キウイ・バナナ・オレンジ・ブルーベリーにあとは確かではありませんが、グレープフルーツ・柿・りんご・いちじくでしょうか。少ない量で各種入っています。

ミックスナッツは、アーモンドとクルミでしょうか。

食事は、太るのでこの朝食としっかりとした夕食を取り、昼食は食べないであとは甘いおやつを食べるだけなんだそうです。

また、十朱さんの熟年世代のオシャレのポイントは、化粧も洋服も年を重ねるほど薄くすることでした。

米ぬかを炒るのは大変という人には、最初から炒った米ぬかもあります。
そのまま食べることができるものです。

1日6食ダイエット・10秒全力ダッシュ有酸素運動は一切しない 宮本エリアナさん 林先生が驚く初耳学

TBSテレビ「林先生が驚く初耳学」9月27日で、2015ミスユニバース日本代表宮本エリアナさんよりビューティキャンプで学んだ美のテクニック2つが紹介されました。
ビューティキャンプとは
ビューティーキャンプとは、ミスユニバース一次オーディションで選出されたファイナリストを対象に、美のプロフェッショナルの講師に招いて美について食生活、メイク、ウォーキングなどを学ぶ合宿のこと。

1日6食ダイエット


美のテクニックの一つが1日6食摂ること。1日朝昼晩の3食以外にも間食を摂るというもの。これによりダイエットやキレイな体を保つことができるといいます。
どうして1日6食がいいのか?
極度の空腹時に血糖値は急激に下がります。その時に食事を摂ると血糖値は急激に上がります。そうすると血糖値の上昇を下げようと大量のインスリンが分泌されます。インスリンは、脂肪をため込む性質があるので大量のインスリンは太る原因になります。血糖値の変動が大きいことが大量のインスリンにつながるので、適度な間食を摂って血糖値の変動を小さくすればインスリンの分泌も少なくなり、脂肪を溜め込まずに済みダイエットにつながるということです。

以前、アメリカのハリウッドセレブの間で人気が出た1日5食に分けて食べるファイブファクターダイエットも考え方は同じかと思います。血糖値の上昇を防ぐもので、この場合、食事内容も血糖値を上昇させにくい食材を選んだほうがいいというものでした。

■料理研究家 浜内千波さんの1日6食ダイエット
こちらも基本的な考え方は間食をして血糖値をコントロールしようというものです。

10秒全力ダッシュ 有酸素運動は一切しない


ミスユニバース日本代表は有酸素運動は一切しないといいます。これはどういうことかというとジョギングなどの有酸素運動は胸が揺れるので胸が垂れたり形が崩れる恐れがあるためです。しかも、有酸素運動は負荷が小さいので脂肪と共に筋肉も落ちるのでリバウンドのリスクが高くなるそうです。
ではどうしているか?
無酸素運動の全力ダッシュを行っているといいます。10秒×10セット=100秒。
10秒という短時間なので体型も崩れることもないそうです。さらに大股で音を立てないように静かに地面を蹴るダッシュなので、胸の揺れもすくなるそうです。手のひらを大きく開いて腕を大きく振る、正しいダッシュをすれば、適度に筋肉がついた引き締まった体になり、筋肉がつけば基礎代謝が上がり、自然に痩せやすい体になるといいます。



島谷ひとみさんの喉ケア マヌカハニープロポリスキャンデー 駆け込みドクターで紹介

TBSテレビ「駆け込みドクター」8月16日で歌手 島谷ひとみさんののどケアについて放送されましたので取り上げてみました。

島谷ひとみさんの喉ケア


島谷ひとみさん、歌手の命は喉だといいます。これまでに扁桃炎になったこともあるので、歌を歌う時には、喉には万全の準備をしてから歌うといいます。それが島谷流の喉ケアです。

島谷流の喉ケア


(1) 喉の筋トレ
(2) マヌカハニーののど飴
(3) 龍角散のど飴をお湯で溶かす
(4) 歌う前は蒸気マスクでのどを温める

元々のどが弱いという島谷さん、この喉ケアはおまじないみたいなものとして続けているそうです。

(1) は、ボイストレーナーから教わった筋トレで、のどの根元を引っ込めたり出したり、下げたり上げたりするもの。のどを強くすることで健康的になるという。

(2) のマヌカハニープロポリスキャンデーは、1袋1500円もするお高めののど飴。マヌカハニーとは、ニュージーランドのマヌカという木の花から取れるとても高価なハチミツです。強い殺菌作用があり、口の中の殺菌効果が期待できます。一気に舐めてしまうとしびれてしまうくらい効果があるんだそうです。プロポリスは、のどの炎症を抑えたり、インフルエンザ予防などに効果が期待できるそうです。マヌカハニーは、手術後の傷口の消毒など医療機関でも使われるハチミツです。
■マヌカハニープロポリスキャンデー
21654654.jpg
通販店

(3)は、 のど飴がなかなか溶けないようです。
■龍角散ののどすっきり飴
通販店